大手ハウスメーカーのメリットデメリット

大手ハウスメーカーに依頼するメリット

注文住宅を作るときには、地元の工務店や大手ハウスメーカーに頼むことによって作ることができます。 大手ハウスメーカーに依頼するメリットとしては、住宅性能が高いということが挙げられます。 工務店でもある基準を満たした住宅を建ててもらえますが、大手ハウスメーカーならそれ以上の断熱性や省エネ性、防災性などが高く快適な住宅を手に入れられます。 品質が安定しているのもメリットです。自社工場で生産加工している材料を現場で組み立てているため、精度にばらつきがなく欠陥住宅などの心配が少ないのです。 また、断熱性や機密性が高く、標準仕様でも良い建材を使用しているため光熱費やメンテナンス費用など、ランニングコストを抑えることができます。

大手ハウスメーカーに依頼するデメリット

メリットはたくさんありますが、デメリットも多いためきちんとその点も考慮してから依頼します。 大手ハウスメーカーに依頼するデメリットとしては、価格が高くなるということが挙げられます。工務店などと比べた場合数千万の差が出ることもあるため、それなりの収入がないと住宅ローンなども組めず、手に入れることは難しいと考えられます。 また、ある程度の規格が決められていて、それに沿った設計で住宅を作ることが前提となっているため、注文住宅としての設計の自由度は低くなっています。 その他、家を建てる場合様々な人が担当になります。営業・設計・証明・インテリア・外構・建築とそれぞれ別の人が担当しているため、コミュニケーションがうまく取れないというデメリットもあります。

新築一戸建ての家は設備が新しく耐用年数が長くて快適に過ごせ、老後の生活を安心して暮らせることがメリットです。